2008年09月05日

遠隔ヒーリング

ヒーリングの中には、直接に会うことができない人に対して遠隔でエネルギーを送りヒーリングを行う遠隔ヒーリングがあります。

遠隔ヒーリングではその人の悪いところを見つけて指定することができ、そこに向かって気を発生させて送るため、時間や空間の概念がないため遠隔地やはじめて合う人でも効果は変わらないようです。

たとえば、遠隔ヒーリングを受ける場合、決められた時刻に決まった時間数だけ(30分ほど)治療者から患者に向けてエネルギーが発せらますが、普段どおりの生活をしていてもかまわないようです。

しかし、その人によってエネルギーが送られてくるのが体感できる場合と何も感じない場合があったり、眠くなることがあるようなので運転などは避けたほうが無難なようです。

遠隔ヒーリングは、怪我の痛みや難治性の病気、心の悩みなど色々なことに対して使うことができる治療法なので、年齢や性別を問わず、病気を患っている人や障害を持つ人なども受けることができますが、遠隔ヒーリングを受けた人の中には徐々に効いてくる人や劇的な変化が得られる人など人それぞれのようです。

遠隔ヒーリングを受ける場合には、名前や住所、生年月日、悩みの内容などによってことなるため、若干の必要事項を治療者に教えなければならないこともあるようです。
posted by heeealin at 01:50| 遠隔ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。